チューブレス化の重要な要素です

対応のホイール、タイヤであることは大前提として、

・リムテープ

・バルブ

・シーラント

これらにも気を配ることにより、より確実、快適なチューブレス化ができます😊

MAKUHAL

MAKUHALシーラント

使い方は、これまでの幾多あるシーラントと同じです。

特徴は、その凝固の仕方!

薄いゴム膜のように固まり、凝固後はグニャグニャのゴム質ですが、粘々と汚れた感じにならないです👍

さらに、その馴染みやすさと凝固スピードで、携行の修理材としても使えるようです!

さらさらの手触り、しっかりとゴム質な膜になり、掃除の際は簡単にまとまりますよ😊

通勤、通学など時間に制約がある場合

インナーライナー
タイヤの中でこのような感じです

パンクしてしまっても、そのまんま走行することが出来るアイテムです。

速度20㎞以下。

距離50㎞以内ということです。

パンクしてしまったら、異物があるならそれを取り除いて、タイヤがホイールから外れてなければ、修理作業をせず、走り出せます。

通勤や通学で、修理してる時間がないときや、

拠点から半径50㎞以内でのサイクリングやトレーニングのとき、余計な道具なんかも持たなくていいですし、なにより遅刻に慌てることがなくなるので、心のゆとりになるかと思います。

また、フックレスリムでチューブ使用不可なホイールには絶大なお助けアイテムでしょう😊

チューブレスタイヤの着脱が思いのほか厳しい💦組み合わせもありますし、これがあれば、なんとか帰宅、または自転車屋さんへはたどり着けるでしょう👍

リムテープやバルブも、

空気圧が抜けやすくなってきたら、いろいろ原因はありますが、

第一候補は、シーラントの劣化です。ついでタイヤの劣化。

なかなかタイヤを外す機会はないと思いますが、その時はついでにチェックするのがいいですね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。